森の苺

s-0921-1018562015

森の苺、ウッドランドストロベリーというそうです。
Y子さんに種をいただいて、苗がいくつか育っていましたが、
このたび鉢を重ねてストロベリーポット(のようなもの)を作って植えてみました。

s-0921-1019342015

庭にも植えてみたのですが、種袋の説明を見ると半日陰を好むって・・
日向に植えてしまった。。

花はポツポツ咲いていますが、まだ実はなっていません。
来年以降でしょうか、楽しみ。

ヨーロッパでよく栽培されているそうで、
かなりおいしいそうです。期待せずにはいられません。

息子がなぜかベリー好きなので、
そういう関係またいろいろ植えてみたいです。

s-0921-1019202015

  1. isabon より:

    僕も発酵肥料作りを遣っているのですが、近くのホームセンターで米ぬかが無料、大量にもらえるので、米ぬかだけで作るのを試みています。
    発酵の匂いは、正しい過程では、「ぼかしの発酵は、有機質→糖化→分解→乳酸・(アンモニア・アルコール)・アミノ酸→アミノ酸化合物・無機質の経緯をたどります。この初期の糖化の過程では、こうじ菌が働き甘いにおいがします。 乳酸発酵過程では、納豆臭から酸っぱい臭い替わり(・・このときヌカ床の臭いになります・・・この後、適正水分状態では、ほぼ無臭に推移し、水分が多いとアンモニア臭がしてきます。」
    との記述が正しいようです。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1242700817
    つまり、すっぱい匂いになったら、土とかにすき混んで野菜に与えれば良いかと。でないと、水分が多いと直ぐに腐敗に進んで行く可能性が高くなります。すっぱい匂いになったらどう乾燥させるかかが重要ですね。
    なお、発酵肥料(ぼかし肥料)は即効性が強く、多く与えると、窒素過多になるようです。
    http://yuki-hajimeru.net/?p=1033
    おいしいいちごを。

  2. isabon より:

    ちなみに僕の場合は、自家製低温ヨーグルトの食べ残しに水を加えて
    米ぬかを大量に入れた容器に上から注ぎ、これを、ヨーグルトを食べた時に繰り返しました。市販のは高温で増えるタイプの乳酸菌だから駄目だと思います。水補給は、ある程度でやめると、水は徐々に下に行き、かき混ぜると、もうちょっとで水過多になるとこでした。水は少なめで、米ぬか全てに水分が行き渡らなくてもいいって程度で、ある程度給水したらかき混ぜるべきでしょう。水分は勝手に増えて行くようなので、僕の場合、水はもっと少なくてよかったようです。水が底にたまりだしたので搔きだして貸農園の土にすき混んでいます。
    初めは、酒の香りが、一か月もせず酸っぱいにおいになり、これからどうするかの工夫です。

    • plum より:

      isabon さん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      私の発酵肥料作りの記事を見てくださったのでしょうか。
      isabonさんも発酵肥料作っておられるのですね。
      私の場合は作る量が少なくて温度変化が急なので、
      望ましい温度を維持することができないようです。
      発酵の過程はいまだに何が起こっているのかわかりませんが、
      たしかにすっぱい匂いが広がる時期があって、その後おかしな匂いに変わっていってしまうことが多いですね。
      いったんこうじ菌発酵が始まるとどんどん変化していくのでなるべく早く手じまうのがいいのではないかと思っています。
      「適正水分状態では、ほぼ無臭に推移し」そうなのですね。なかなか難しそうです。
      ヨーグルト自家製なんですね。低温で発酵する乳酸菌というものがあるのですね。

      • isabon より:

        貴方の場合、土を使うので、雑菌が大量に入り、有益菌が仕事を終えて減少すると、簡単に雑菌が大増殖します。つまり嫌な臭いになる速度が速いのだと思います。
        屋内で発酵させる時は、雑菌が入らない遣り方が必要なのだと思います。僕の場合は、ヨーグルト菌を使うことです。
        それに、適正水分とは、我々の思う以上に少ない水分のようですから、最初に、発酵させたいもの全体に水分が回らない状況から初めて、水分追加はゆっくりするのが良さそうです。それに、発酵過程で出てくる水を除去することが必要だから、水分が多くなったなと思ったら、米ぬかで調整すると、清潔に調整できます。つまり、住宅敷地内や屋内での発酵は、最初から給水量を十分に少なくして、発酵を部分的に生じるようにするかな、とは今後の方針です。
        清潔な発酵を目指して頑張りましょう。
        また報告に来ます。ず~と先になりますが・・・

        • plum より:

          isabon さん、
          今年冬の私の発酵肥料作りはブログ記事にはしませんでしたが、
          じつは雑菌を極力いれない発酵肥料作りを目指しました。
          でも素人にはむずかしいですね。
          水分も少なめ、3回作りましたが、最初のはうまくいったように思いますが、
          保管の途中で湿気を吸ってちょっとあやしい匂いになってしまいました。
          日中も家にいてとしっかり管理しないとだめですね。
          雑菌入りの発酵肥料でも、私の鉢土も庭土も雑菌だらけですから、気にしないで使えばいいのではないかと思って使っています。
          「最初から給水量を十分に少なくして、発酵を部分的に生じるようにする」、米ぬかすべてを発酵させようとしないで、水分調節をしながらですね。雑菌が入らないようにとできる範囲で気を付けながらやってみますね。

メールアドレスが公開されることはありません。