サボテン

ランポー玉というサボテンです。

s-1026-1456582015

多肉ショップに行って、ある程度の大きさのが売っていましたが、私にとっては高価なので
指をくわえて鑑賞して、買わずに帰るしかなかったのですが、

昨年、たまたま小さなもの(3センチくらい)を安価で分けてもらうことができました。

s-1101-0853022015

それにしても、、
かっこいいなあ~~!

s-1101-0853082015

ランポー様、どの角度からも全部かっこいい。
ちなみに入手したのは去年の今ごろですが、
1年後の今、姿も大きさもまったく変わっていません(そこもまたかっこいい。)

s-1101-0853162015

これは普通の五角ですが、四角とか三角もあるらしいです。
これにはまったら厄介かと思うので、ほどほどにしておきたいです。

でも、サボテンに心休まる日がくるとはね、、
小さなスペースでこれだけ喜べるのですから(笑)ありがたいことです。

フジイバラ -2-

s-1117-1013382015

フジイバラは、手持ちの図鑑などでちょっと調べてみますと、バラのなかでも標高の高い、日当たりの良いところに生える、
幹が太くなり、直径10センチから20センチになるものもある。葉は丸みを帯び、頂小葉と側小葉はほぼ同じ大きさ、

s-1117-1023582015

花は直径2.5センチほどで房咲き、房の花数はかなり幅があり、単咲きから20花もの房になるものもあるとのこと。

s-1117-1015422015

私のフジイバラのイメージは
どこか山頂の広々とした場所に生きている太くがっしり体形のバラ、でしたが、
今回行ったのは標高800mくらいですが、池のほとりでした。

s-1117-1016462015

でも、アズマイバラやモリイバラに比べて、たしかにがっしりしているかなあ・・

s-1117-1015242015

そしてこれ、枝が密になってぎっしり。
盆栽バラかと思いました。

s-1117-1022322015

アズマイバラのようにするする伸びることはなく、
かたまってびっしり咲くんですね。

s-1117-1015182015

樹高はそれほど高くなく、この株はちょうど目の高さあたりで花が咲くようです。
これは花の時期、また見に行かなければ!

s-1117-1022422015

フジイバラってこういうびっしり、ぎっしり咲くバラ、でいいのかな?
自生地のバラは、やはりその存在じたい説得力があって、格別ですね。

平地はものすごく穏やかな暖かい日だったのですが、このあたりはものすごい強風で、
正直言ってフジイバラさえなければさっさと立ち去りたいくらいのとんでもない風、
いつもこんな風なのでしょうか。

s-1117-1038142015

だとしたら、フジイバラは強風に耐えて生きるバラ、幹が太くなるのもなるほど、当然ですね。

s-1117-1041302015

フジイバラ -1-

ちょっと前にバラ友さんからフジイバラの話をいろいろ聞いて、フジイバラの自生地に、たとえ今どんな姿でもいいから見に行きたいと思うようになり、
行ってきました。

s-1117-1008062015

この池の遊歩道で見られるとのこと、

s-1117-1012242015

ありました、いきなり!
これがフジイバラ、自生地のフジイバラは初めてです、感動です。

s-1117-1012482015

確かに幹は太めですね。

s-1117-1013182015

大小いろんな株がつぎつぎ現れました。
葉の形もいろいろ、野バラだとこれふつうなんですね。

s-1117-1013282015

s-1117-1013502015

s-1117-1024222015

この遊歩道脇にフジイバラがあるのだそうです。
自生地めぐり、ずいぶんしましたが、いつも楽しい。右左目を皿のようにバラ株を探して歩く(笑)。

s-1117-1032122015

s-1117-1038042015

s-1117-1038122015

残念ながら池を一周はできませんでした。立ち入り禁止だって。

s-1117-1039062015

箱根といえばススキ?かっこいい写真を撮りたかったですが、風があまりにも強くて粘ることもできず。

s-1117-1039202015

ちょっとしょぼいですね・・

s-1117-1042442015

見上げると、こんな場所です。
日当たりが良ければこの尾根にもフジイバラあるのかも。登りませんが。
(池の散策、続きます)

クレマチス シルホサ ジングルベル 

s-1026-1457222015

このクレマチスは以前に育てていましたが、かなり気に入っていまして、ですがその時のフェンス工事のどさくさで消滅してしまったようで、
いつかまた、と思っていました。

s-1026-1456062015

2年苗をたまたま見つけて買ったのですが、よく咲いています。

s-1026-1455382015

来年、地植えしてフェンスに広がって咲いてくれたらと思いますが、どうなるでしょうか。

s-1104-0937562015

s-1104-0938202015

多肉 -2-

多肉のブロウメアナ
花が咲いていますね。

s-1026-1454362015

s-1026-1455022015

こちらはパンクチュラータ
これも好きだなあ。これくらいのボリュームならね。

s-1101-0853522015

落ち葉

IMG_0580

雨の朝、ふと見つけました。
ここは大学の図書館前です。

一日じゅう雨が降ったり止んだりだったから、
ほんのわずかな時間だったかもですね。

南庭づくり -1-

今年5月の万年塀撤去、ブロック・フェンス設置工事以降、新たな庭づくりが始まりましたが、
その庭の名前が適当なのが思いつかないので、家屋の南側にあるのでとりあえず南庭と呼びますが、

隣家が接しているので日当たりは良くなくて、もっと良い呼び名はないものかと思っています。

ですが、万年塀と物置を取り払ったら風通しもよくなったし、庭づくりのアドバイスをしてくださっているA子さんがおっしゃるには
日当たりもまずまず、場所によってはバラも植えられるとのことで(うれしい)、とても楽しみになりました。

s-1002-1533542015

まず、めったに買ったことのない木を何本か買いましたが、最初に届いたのがこれ、ハイノキ。
葉が小さくて雰囲気いいですね。ある程度のところまではどんどん成長してほしい。

s-1022-0817582015

ほかにも手持ちの木や植物を植えこみましたが、
何度もA子さんに来ていただいて、相談したり・・というか作業をどんどんやってくださって、A子さんいつもありがとう。
とくに植え場所を決めるのが速いです、日当たりなどを見て一瞬で決まる!さすがプロのガーデナー。

私だったらあれこれ迷って、庭づくりはまったく進まないでしょう。

s-1022-0818062015

ちなみに石やレンガ、ブロックが置いてありますが、これは庭に傾斜をつけるため、その土止めのための仮置きです。

これからどうするか、石で何か景観を作りたいですが、不慣れなためまったく思いつきません。
まあ、おいおい考えます。

s-1022-0818242015

最初の更地からずいぶん変化しましたが、ずっと散らかっていたため、写真も撮らずにきましたが、
今もけっこう散らかっています。

s-1022-0819042015

これはハイノキと一緒に購入したソヨゴ。
通勤途中、近所のお宅でいつも見て、ずっと植えたいと思っていた。

s-1022-0819122015

あとは、ぎぼうし、つわぶきを植えて(というかA子さんが植えてくださって)
このちょっと日向、半日陰、完全日陰の庭、これからどんなになるでしょうか。
そんな広くないですが、木々、植物の成長を楽しみに、新たな庭づくりを楽しんでいきたいです。

s-1022-0819162015

多肉 -1-

去年の夏~秋にいきなり多肉にはまってしまって、
暑いなか多肉ショップにも出かけたりしてずいぶん集めました。

今年は庭づくりが忙しかったこともあり、
多肉は去年ほど熱心でもなく放任・・(←ごめんね)

それでもみんな元気!どんどん増えていきます。

セダムなどは庭に放して大増殖中、
ごついのは殖やさないようにして、ベランダには小さいタイプだけ育てています(豆盆栽用の鉢が活用できている)。

s-1010-0959562015

これは「火祭」、多肉は秋の紅葉も楽しいですね。

フェンスの花

10月初め、フェンスに育てているおぼえのない花が咲いていて、
はっ!これはまさか、あの、あれではないですか!

s-1004-0940242015

出来たばかりのフェンス際にこれまで余った種を適当にバラまいておいたのですが、それが発芽して知らないあいだに育っていたようです。

10年ほど前にバラ友さんから種をいただいて、何度か育てたのですが、ブログを見た別の方がメールをくださってしきりに気にされていて、
なんでも中国からの外来植物で繁茂のパワーがとてつもなく、

s-1004-0940402015

広めてしまうとどこかに迷惑をかけてしまうかも、ということで、
わが家周辺のアスファルトに覆われた地帯ではそういうこともなさそうですが、
一応用心のためにすみませんが、この花の名前はここでは書きません。すみません。

s-1004-0940502015

どんどん咲いてます。きれいだなあ・・

s-1018-1554042015

そろそろ実ができてきました。種を採取しようとは思いますが、
こういう植物は育てないほうがいいのかもしれないですね。

10月の庭

もう11月ですが、10月の庭です。

s-1004-0941402015
カントウヨメナ

s-1018-1015462015
普通のイヌタデですが、鉢にして育てていました。秋らしくて気分良いですね。

s-1022-0821002015
タマアジサイ

s-1022-0821242015
カラミンサ